マイナビ2020
  1. ホーム
  2. 最新情報一覧(2019年)
  3. 最新情報(2019年6月)

最新情報(2019年6月)

ボランティア会食

6/22(土)六郷ボランティア会食が行われました。 毎年、お世話になっているボランティアさんに集まって頂き、料理を召し上がって頂いています。 今年も金田課長を中心に、調理職員が協力し、豪華で、色鮮やかな食事を提供する事が出来ました。 参加された方々からも「美味しかった」「キレイで豪華だね」と声をかけて頂き、大盛況でした。

麺屋新井

いらっしゃいませ!特養3Fで不定期に営業している麺屋新井です!今回のメニューは原点回帰の醤油ラーメンです。あえて具材を減らしたシンプルな豚鶏清湯に仕上げました。透き通ったあっさりスープで大好評でした。次回は10月営業予定。何味にするかこうご期待!!またのご来店心よりお待ちしております!

店主 新井 (特養3F寮母)

きずなちゃんとズナーキーが来たよ!

去る6月5日、大橋の児童養護施設にきずなちゃんとズナーキーがやってきました。2人はネクサス株式会社様のマスコットキャラクターで、子どもたちにお菓子やジュースを届けに来てくれたのです。白くてぱっちりお目々、背中に羽の生えているきずなちゃんは、口にチャックがついていて、開けたり閉めたりすることができます。真っ赤な体にとんがりお目々のズナーキーは、ピコピコハンマーを持っています。子どもたちは、普段見ることのない大きなキャラクターにびっくりしながらも、抱きついたり手をつないだり、「ずーっと友達だよ。」と頭をなでたりして歓迎していました。帰る時にはおまけのきずなちゃんカードももらって、嬉しいひと時でした。

児童家庭支援ホーム 相談員 谷口 美智代

日独青少年指導者セミナー

5月30日、来日していたドイツの福祉施設や教育機関で働いている方々が、児童養護施設希望館に視察のため来館しました。
貴重な機会に高崎を堪能していただこうと、ふじのや製菓の麩饅頭とだるま最中とお茶を用意してお迎えさせていただきました。
施設長より希望館の理念やユニットのあり方、日本の児童福祉の動向を説明し、もちろん、その場で通訳の方がドイツ語に翻訳してくださいました。その後ユニットの見学をされて、みなさん熱心に見て回り、多様な質問をしていらっしゃいました。そして「本当の家のようですね。素晴らしいです。」と感想をいただきました。
最後に、ドイツのおみやげ!!ということで、フリスビー・風船など、子どもたちがすぐに遊べるものをたくさんいただきました。
希望館がはるか海を越えたドイツのみなさんの記憶に残るなんて、夢のような一日でした。

児童養護施設希望館(大橋) 課長 小椋里香

ドッジボール大会

6月1日(土)、群馬県内の施設対抗のドッジボール大会に出場してきました。今回、大切にしたことは「譲り合う、助け合う、声をかけ合う」こと。キャプテンやじゃんけん隊長、号令隊長になった高学年の子どもたちが、チームを引っ張ってくれ、最後まで頑張った13人の選手たちは、とてもキラキラ輝いていました。お昼には、ユニットの先生方の手作り弁当を食べて力をつけ、希望館のチームは敢闘賞をいただきました。
来年は、目指せ1勝☆彡

児童養護施設希望館(大橋) ケアワーカー 金井あゆみ

希望館 KO-HO-[暑さに負けるな!号]

希望館 KO-HO-[暑さに負けるな!号]

憩いの場、完成!

遂に、希望館入り口前ぐるりんバス停の待合所が完成しました。
希望館カラーである緑色の屋根が映える落ち着いた木目調で、寛げる空間になりました!

そして先日、高崎市役所市民部長小泉様、課長小山様がお見えになり、「バスご利用者に優しい」とお褒めのお言葉を頂きました。

皆様もぐるりんバスをご利用の際は、是非この憩いの場に腰を掛けてのんびりして下さい!

事務課 小谷野 未帆

左から、小山課長、小泉部長、希望館・松澤理事長

希望館 KO-HO-[出会いと別れ号]

希望館 KO-HO-[出会いと別れ号]

ご利用者の笑顔

感謝。ありがとうございました。

平成31年3月12日14時30より、高橋ミサヲ様の108歳、茶寿を祝う誕生会を行いました。
世間では天皇陛下の生前退位と新年号が注目を集めていましたが、希望館での大きな話題として、明治生まれの高橋様が新しい時代へ向かうことも注目されていました。誕生日の当日は神奈川県と埼玉県からご家族にも来て頂き、ご利用者、職員と手作りの誕生日会を行うことが出来ました。
そしてそれから約2ヶ月後、明治44年生まれの高橋様は、明治、大正、昭和、平成、そして令和と5つ目の時代へと移り変わった令和元年5月22日に安らかに永眠されました。
高橋様の108年の生涯の中で希望館が関わることが出来た時間は約20年。高橋様とご家族の気持ちに応えることができたかはわかりませんが、希望館にとって、自分達にとって、忘れることの出来ない貴重な、そして大切な時間となりました。
108年の人生に関われたことに感謝。ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

特別養護老人ホーム2階 主任 宮内 信貴

渡辺医院の皆様、大変お世話になりました!

高崎市昭和町の渡辺医院が4月末で閉院することになり、感謝の気持ちを伝えるべく、八幡の家を代表して指導員5名で突撃訪問をしてきました!
鳴子を手に、ハッピを着て賑やかに訪れた私たちを、驚きながらも温かく迎えてくださりました。 「平成天皇陛下と同じ歳。私も同じタイミングで一線を退くことにしたんだよ」とおっしゃった先生の言葉が忘れられません。最後は、涙と笑顔でクシャクシャになりながら皆で記念撮影をしました。
渡辺医院は、子ども達はもちろん、私たち職員にとっても心と身体の癒しの空間でした。
渡辺医院の皆さま本当に、本当にありがとうございました!!
最後に、喬三郎先生。お正月もお盆も患者さんが来るかもしれないからと旅行を控えていらっしゃいましたね。これからはゆっくりと、ご家族で色々な場所への旅行を楽しんでくださいね♪

児童養護施設 八幡の家 指導員一同

PAGETOP